霧島酒造トップ > 新着情報 > 本格芋焼酎『白霧島720ml瓶』、10%の軽量化を実現!

本格芋焼酎「黒霧島」に続き
本格芋焼酎『白霧島720ml瓶』、10%の軽量化を実現!

霧島酒造株式会社は、環境に配慮した資材開発の一環として、「白霧島20・25度720ml瓶」の重量を10%軽量化し、2016年11月以降より運用、販売いたします。「黒霧島25度720ml瓶」につきましては、2015年11月より10%軽量化しており、今回は黒霧島に続いての実現となります。※1
【白霧島20・25度720ml軽量瓶】
今回の軽量化に伴い、従来480gあった瓶の重量が430gとなり、1本あたり50gの削減となります。強度を保つため、外形のデザインや大きさは変えないまま、ガラスの厚みを薄くしつつ、瓶底を1.5mmほど高くしました。
この取り組みによって、ガラス使用量の削減や、製造時・輸送時における二酸化炭素排出量の削減(年間およそ15t)※2が可能となり、環境負荷の低減が期待できます。また、1ケース(6本入り)あたりおよそ300g軽くなることで、持ち運び時の作業負荷の軽減にもつながります。
今後も本格芋焼酎「白霧島」「黒霧島」をはじめ、品質にこだわった焼酎づくりに努めるとともに、環境に配慮した取り組みを積極的に行ってまいります。
  1. ※1:黒霧島と白霧島の瓶仕様は異なる(黒霧島:黒瓶、白霧島:茶瓶)。
  2. ※2:ガラス瓶メーカー調べ。